トップ

医師が勤務上で注意すべき事

医師の仕事はハード

医師を続けるためのメンタル

医師の仕事はとてもハードです。勤務する科にもよりますが、救急病院や産婦人科などは24時間呼び出しコールがかかるので、夜ぐっすり休めないこともあったりしてひと時もおちつけないものです。そのため、健康によく注意して仕事をする必要があります。しかし必要なのは身体面だけではありません。精神面でも強いメンタルが求められます。では、どうすれば医師を続けるのに必要な精神力を保てるでしょうか。いろんな方法がありますが、一つの方法としては、自分一人で抱え込まないということです。仕事上、責任はとても重いですが、ぜひ他のスタッフや看護師の助けや協力を得ましょう。そうするなら、自分一人の責任を軽減する事が出来るでしょう。さらに、息抜きできるような趣味や生きがいを見つけましょう。趣味や生きがいは重い責任からくる極度のストレスを緩和して、気分をリフレッシュすることができますので、メンタルを良い状態に保つことができることでしょう。

メンタルケアに携わる精神科

医師の仕事にもいろいろな分野に分かれるのですが、なかでもメンタル面に関わる精神科や心療内科があります。最近多く取り挙げられているその科は、現代社会における影響があるとされます。今の世の中で生活をしている人々は複雑化している環境の中で、様々な思いを胸に悩んだり苦しんだりしていることが多いのです。そのようなことから精神的にダメージを負うようになり、身体的に影響を与えることになります。日常生活を送っていくうえで体に支障がありますと、毎日が快適にすごせなくなることから精神的に追い込まれるようになっていきます。そんな状況におかれて苦しんでいる人や、何らかの原因で精神的に患っているときに精神科や心療内科へ行きます。そこでは医師がカウンセリングを通して、患者さんのメンタルケアを行います。カウンセリングを通してわかってくることがあり、それによりよい方向へと向かうと期待できます。また、必要に応じて薬物療法と一緒に取り入れて治療を行います。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が勤務上で注意すべき事. All rights reserved.